MENU
実際に使ってみました
2016年10月01日

マスキングテープでおうちや家具を簡単&お手軽リペア

小さいお子さんやペットがいるご家庭では、ちょっと目を離したすきに壁や家具を傷つけられてしまった経験がきっとあるのではないでしょうか。リフォームや修理を依頼するほどではないけれど、放っておくにはちょっと目立つ…。そんなお悩みはマスキングテープを使って、簡単&お手軽リペアで解決してみませんか?

マスキングテープで応急処置

元気があり余っている2歳の息子はウン十年ローンを組んで(中古だけど…)、昨年購入したマンションを日々破壊してくれています。
できれば大幅リフォームでまるっとキレイにしたいけど、わんぱく息子の破壊活動(!?)はしばらく続きそうです。そこで彼に分別がつくまでは、傷だらけの家を創意工夫のリペア術で乗り越えていこうかと…。そこで今回はマスキングテープを使ったリペアを実行。

image003

白い巾木が、いつの間にか息子に削り剥がされこんなことに! そこで白いマスキングテープでこの傷を覆ってみると…。

遠目からだと、傷はもうわからない!?

image005

だいぶ目立たなくなりました。しばらくはこれでOK!? 遠目ならば、修正したことに気が付かなそうです。
もし息子にまた剥がされてしまっても、マスキングテープならばあとに残りづらく、簡単に貼り直しができるので安心です。

カラーボックスをかわいくリペア&リメイク

続いても、息子に傷つけられたカラーボックス。シールなどを貼られ、剥がしているうちにこんなことに…。

image007

まずはシールの接着剤が黒く残ってしまった枠(上の部分)を、幅広マスキングテープでぐるりと覆っていきます。曲がっても、マスキングテープならば簡単に貼り直しができるので問題なし。
側面などの大きな傷にはザックリとウォールステッカーをペタリ。

image009

真っ白で傷だらけだったカラーボックスが、かわいくポップに生まれ変わったと思いませんか?

image011

壁などにペタリと貼るだけでオシャレな仕上がりが期待できるウォールステッカーも、簡単&お手軽リペアのおすすめアイテムかもしれません。

マスキングテープをオシャレに収納

最後にマスキングテープがオシャレに収納できる「マスキングテープカッター」にも注目。幅15mmタイプのものならば5つが一度に収納できます。今回は幅広な30mmのもの2つと15mmのものを1つ入れてみました。

image013

カッター部分がギザギザになっているので、ハサミで切ったときとはひと味違う切り口になるのもうれしいですね。クリア仕様で中が見えるので、どんな柄のマスキングテープなのか、ひと目でわかります。このカッターをマスキングテープで飾るのも、もちろんアリだと思います。

貼ったり、剥がしたりが自由自在なマスキングテープには無限の使い方がありそうです! いろいろなものをデコるのはもちろん、今回のような裏技的な使い方を発見しつつ、重ね積みも可能なマスキングテープカッターにいろいろな柄をコレクションしてみるのも楽しそうですね。

今回の商品は…

  • マスキングテープ(ダークブラウン&ホワイト 幅約15mm×長さ約12m) 税込108円
  • マスキングテープ(ストライプ 幅約30mm×長さ約4m) 税込108円
  • ウォールステッカー(ビッグアニマル) 税込108円
  • ウォールステッカー(セリフアニマルA) 税込 108円
  • ウォールステッカー(セリフアニマルB) 税込 108円
  • マスキングテープカッター 税込108円
ページトップに戻る