MENU
こんな風に試してみました
2016年11月08日

100均の商品だけで静電気防止スプレーを手作りしてみた!

冬の風物詩!?静電気の「パチパチ」を撃退。ネットで話題になっている?「静電気防止スプレー」を100均の商品だけで手作りしてみました。
用意するものは、スプレーボトル、柔軟仕上げ剤(界面活性剤)、水道水、だけ!

たった200円で完成!

image002
作り方は5ミリリットルの柔軟仕上げ剤を、100ミリリットルの水道水で薄めるだけ。(ミネラルウォーターは痛みが早いので、水道水がベストなようです)
ちなみにFLETS・百圓領事館で取り扱っている柔軟仕上げ剤「ハーバルソフター」のキャップには10ミリリットルと20ミリリットルのメモリがついているので、10ミリリットルの半分まで液を注げば5ミリリットルに。それを100ミリリットル用のスプレーボトルに入れ(ちょっと柔軟仕上げ剤は多めだけど、そこはザックリで…)水道水を注ぎフリフリすれば、計量も簡単です。

持ち歩き用には30ミリリットルのスプレーボトルがベスト

image003

私は30ミリリットルのスプレーボトルへ手作り「静電気防止スプレー」を移し、化粧ポーチに忍ばせています。これでお出掛け先での静電気対策もバッチリ!

フローリングのお掃除に活用する裏技も!

image004

防腐剤が入っていないため手作り「静電気防止スプレー」は、なるべく早く使い切ることをお忘れなく。そこで裏技な使い方として、フローリングのお掃除に活用している人も多いみたいです。こちらも静電気を防止するためホコリを付きにくくし、ワックス効果も期待できるとか。さっそく試してみたところ、フローリングがツルツル、ピカピカに。さらに柔軟仕上げ剤の良い香りがお部屋に漂うのもいい感じでした。ほかにもスプレーした雑巾でテレビ画面を拭けば(テレビ画面に直接スプレーは壊れてしまうのでNG)、ホコリが付きにくくなるのでキレイな画面が長持ちします。
今回の商品は…

  • ハーバルソフター 税込108円
  • カラースプレーボトル(約100ミリリットル) 税込108円
  • カラースプレーボトル(約30ミリリットル) 税込108円
ページトップに戻る