MENU
ちょっと作ってみました
2017年08月05日

【夏休み工作】親子で作ろう♪夏休みの工作は「貝殻アート」で決まり!

FLET’S・百圓領事館『100円のチカラ』の“はっしー”です。

小学生のお子さんをお持ちのパパさん&ママさん、夏休みのマストな宿題「工作」はもう終わりましたか?
えっ、まだ!? そんなみなさんにオススメなのが、100均グッズを使って作るカンタン「貝殻アート」です。

まずは材料と工作グッズを揃えよう!

今回、制作するのは以下の3点。

★貝殻付き宝箱

★貝殻飾りの小物入れ

★貝殻飾りのふた付カゴ

~~基本の材料~~

FLET’S・百圓領事館では、たーくさんの貝殻やクラッシュガラスブロックなどを取り扱っています。その中から工作に使えそうなものをチョイス。
(ちなみにこちらの貝殻たちは「センスがキラリ☆100均の夏小物がスゴイことになっている!?」にも登場しております!)

貝殻を接着する際にとっても使えるグルーガン(こちらは300円商品)とグルースティックもお忘れなく。

着色に必要な絵具セットも300円で揃います。

この基本の材料や工作グッズに加え、それぞれに必要なグッズを揃えて「レッツ、貝殻アート!」

「貝殻付き宝箱」を作ろう!

今回、友達の工作大好き親子(娘ちゃんは小学1年生)に協力してもらいました!
娘ちゃんのクエストその1、「貝殻が付いた宝箱」を作りたい。というわけで…

宝箱のベースとなる「木製ふた付ボックス(アンティーク)」を用意します。

貝殻などを付けるため、ふたの柄の部分を絵具で塗りつぶします。

絵具が乾いたら、グルーガンでお好みの場所に貝殻などを付けて…(※グルーガンは親御さんと一緒に使いましょう)

ハイ、完成です!!小学1先生でも簡単に作ることができました。

「貝殻飾りの小物入れ」を作ろう!

娘ちゃんのクエストその2、「紙粘土」を使いたい!というわけで…

小物入れのベースとなる「紙粘土」「耐熱ガラス製カップ」を用意。

「夏らしく青い小物入れにしたい」ということで、紙粘土を絵具で着色します。

青く着色した紙粘土を耐熱ガラス製カップに付けていきます。

紙粘土の部分に貝殻を埋め込んだり、グルーガンを使って接着すれば「貝殻飾りの小物入れ」の完成です。

貝殻飾りのふた付カゴ

こちらは工作大好きママさんのリクエスト。「い草 丸型小物入れ(ライン)<以下、かご>」×2と「ロングゴム細4Pアソート(以下、ゴム)」を用意します。

ゴムでかごを繋ぎ(2カ所繋ぎました)、ふたにします。

ふたを止める部分もゴムと貝殻(グルーガンで接着)を利用して作ります。

グルーガンで貝殻などの飾りを付ければ、完成です。(貝殻の飾り付けは娘ちゃんが担当!)

すべての制作時間に掛かった時間は約3時間。100均グッズだけで「貝殻アート」を存分に楽しむことができました!!

こちらも親子で作ってみよう!
>>【夏休み工作】ニョキニョキ楽しい♪「割り箸マジックハンド」

今回の商品は…

  • ネットシェル100g 各税込108円
  • スターフィッシュオブジェ5P 各税込108円
  • ラッシュガラスブロック 各税込108円
  • ナチュラルヒトデ 税込108円
  • ナチュラルインテリアシェル 税込108円
  • グルーガン 税込324円
  • グルースティック(20本入) 税込108円
  • 12色水彩絵の具 税込108円
  • パレット12色 税込108円
  • 水彩用画筆(平筆5本セット) 税込108円
  • 紙粘土 税込108円
  • 耐熱ガラス製カップ 税込108円
  • い草 丸型小物入れ(ライン) 税込108円
  • ロングゴム細4Pアソート 税込108円
ページトップに戻る