MENU
実際に使ってみました
2019年04月13日

100円の漬け物容器で、ほったらかしレシピを作り置き♪

100円ショップFLET’S(フレッツ)・百圓領事館が運営する『100円のチカラ』レポーターの“ほっち”です。

日々、食事作りをしていると、「あと1品ほしいな」と思うことがあります。
けれど、手間はかけたくない(もしくは、かけられない)。
というわけで、100円の「漬け物容器」で、元祖ほったらかしレシピ(?!)の浅漬けを作ってみることにしました!

なるほど便利 漬け物容器

今回、浅漬け作りに使用したのは、こちらの「漬け物容器」。わかりやすいネーミングですね。

フタを外すとこんな感じ。

フタに付いているバネと押しフタで、本体容器に入れた野菜に圧をかける仕組みです。

キャベツの浅漬けを作ってみた!

【作り方①】

キャベツを食べやすい大きさに切り本体容器の目安線まで入れ、きざみ昆布と塩を混ぜ合わせます。

【作り方②】

フタをします。

このまま冷蔵庫で2~3時間置きます。

ほったらかすこと約3時間。キャベツのかさが半分になりました。漬かったようです。

お味見タイム♪

盛り付けをして、さっそくお味見♪

ん~、さっぱりしていて美味しいです。

今回はキャベツを使いましたが、キュウリ、白菜、大根、かぶなども浅漬けにむいています。

浅漬けは、“日持ちするサラダ”とも言われており冷蔵庫で2~3日保存できるので、作り置きしておくと食事の支度がラクになりそうです。

漬け物容器」を使うとこんなに良いことがある!

実際に「漬け物容器」で浅漬けを作ってみて、良いことがたくさんあることに気づきました!

  • 具材をセットしたら、ほったらかしでいいので時間を有効に使える
  • 食材を無駄にせず食べられる
  • 作り置きできる
  • 手軽に野菜が食べられる
  • 簡単に作れるので、料理のストレス、プレッシャーから解放される

ぜひ、みなさんも「漬け物容器」で浅漬けを作ってみてくださいね。

 

お料理好きの方はこちらもどうぞ!

>>「料理」の記事一覧

 

今回の商品は…

  • 漬け物容器 税込108円
ページトップに戻る