MENU
実際に使ってみました
2019年09月09日

デリ風サラダが簡単にできる100均のサラダカップが超便利!

100円ショップFLET’S(フレッツ)・百圓領事館が運営する『100円のチカラ』レポーターの“ほっち”です。

お野菜を手軽に、しかもオシャレに持ち運べるということで今、注目の「ジャースタイル サラダカップ」。日ごろからお野菜不足が気になるほっちが使ってみました。

 

「ジャースタイル サラダカップ」はこんな商品

今回ほっちが使ったのは、ドーム型の蓋が付いた「ジャースタイル サラダカップ」

使い捨てタイプで、5セット入って100円です。

【仕様】

  • 容量:320ml
  • 蓋:口径88mm×高さ43mm
  • 耐熱温度:約60℃

※注意事項※

  • 食品用簡易食器としてご使用ください。
  • 飲料を入れたまま長時間放置しないでください。
  • レモンなどの柑橘類の皮に含まれるテルペンや油脂によって変色することがあります。
  • 熱湯は入れないでください。
  • 電子レンジやオーブントースターなどの調理器具では使用しないでください。

お弁当用サラダを作ってみました

用意したのは、レタス、トマト、きゅうり、ホールコーン、ツナ、お豆。冷蔵庫に残っている野菜や、ストックしている缶詰を使いました。

材料が揃ったら、食材を1種類ずつ「ジャースタイル サラダカップ」に入れていきます。

ほっちは、きゅうりなど重さのあるものを下に、軽いレタスを上にしました。

盛り付けが苦手なほっちですが、「ジャースタイル サラダカップ」は透明なので少し見た目を意識して、同じ色の食材が重ならないように入れてみました。

蓋がドーム型なので、レタスが容器からはみ出しても大丈夫!

蓋を閉めるとこんな感じ。デリ風サラダのようで、 ちょっとテンションが上がります。

これで重量は約160g。

お野菜の1日の目標摂取量は350gで、1食あたり120gが目安です。

お豆の分量を差し引いても、1日に必要な量の3分の1をクリア!

食べる直前にドレッシングをかけていただきます♪

ほっちは、コーンの甘さとお豆の塩気を活かして、オリーブオイルとブラックペッパーでいただきました。

内臓脂肪が気になるパパのランチにもよさそう!

フルーツを入れてみました

フルーツ好きのほっちは、カットしたパイナップルを入れてみることに。

食べる直前にヨーグルトを入れればボリュームアップ。お腹も満足です♪

ポップコーンやミニシュークリームなどのスイーツを入れてもイイ感じ♪

盛り付け不要がうれしい♪

お料理の盛り付けが苦手なほっちにとって“盛り付け不要”は嬉しいポイント。その上、調理時間が短いところも最高です!

カップサラダは、ほっちの定番になりそうな予感~♡

ざく切りにした野菜をポイポイ入れるだけでオシャレなデリ風サラダに仕上がる「ジャースタイル サラダカップ」は、日々のお弁当はもちろん、秋の運動会やピクニック、持寄りパーティーにもぴったり。これを使わない手はありませんよ!

 

ほっちと同じ不器用さんのお弁当作りの救世主はこちら♪

>>キャラ弁が苦手なママ必見!100均ピックでお弁当を華やかに♡

運動会のお弁当にあると便利なアイテムはこちら♪

>>運動会前に揃えておきたい♡100均アイテム27選

 

今回の商品は…

  • ジャースタイル サラダカップ 5セット 各 税込108円
ページトップに戻る