MENU
実際に使ってみました
2019年12月09日

汚れない!繰り返し使える!! 100均の「習字用 水書き練習シート」を使ってみた

100円ショップFLET’S(フレッツ)・百圓領事館が運営する『100円のチカラ』レポーターの“ほっち”です。

年賀状に書初めと、筆で文字を書く機会が増えるこの時期。
その練習にぴったりなのが「習字用 水書き練習シート」です。

名前の通り、水で書くので家の中が墨で汚れる心配いらず。
さらに、水が乾けば繰り返し使えるところも魅力的。

そんなママ視点の「習字用 水書き練習シート」をほっちが使ってみました。

 

「習字用 水書き練習シート」ってどんな商品?

「習字用 水書き練習シート」は、水で書くのに墨汁のような字が書けて、乾かせば繰り返し使える習字用の半紙のようなもの。

表面は書道教室で使用している半紙のように、赤色のガイド線が印刷してあります。

裏面は、書道用の下敷きのような素材になっているので、下敷きを使わなくても書けそうです。後ほど、試してみます。

「書道用下敷き」「小筆」「太筆」「文鎮」も100均で揃えることができます。

お習字には硯も必要ですが、水で練習するので少し深さのあるお皿や筆洗でもOKです。家にあるものを活用しましょう。

道具が揃ったところで、いざ練習です。

習字用の下敷きがなくても書けました!

書初めの練習をイメージして「初日の出」と書いてみました。

ほっちは書道が趣味なのですが、最近は筆を持つ機会がめっきり少なくなり、久々に筆を持ったら手が震えていました。腕の筋力低下か?!

それはさておき、先ほどの下敷きを敷かなくても大丈夫か、実際に試してみたところ、下敷きを敷かなくても書けました!

個人的には、下敷きを敷いても、敷かなくても、特に書き心地は変わらないと思います。

というわけで、「習字用 水書き練習シート」で練習するのであれば、「習字用 水書き練習シート」と文鎮、筆、水を入れるお皿や筆洗、筆置きがあればOK、というのがほっちの結論です。

この日は11月だったのですが、快晴のためか乾きが早く「出」の字を書き終わるころには「初」の字が乾き始めていました。

書き終わったら窓際などの風通しの良いところに置いて乾かします。

しばらくすると、もとの状態に。
この日は日中、暖かかったので数分で乾きましたが、曇りや雨の日はもう少し時間がかかりそうです。

「習字用 水書き練習シート」は1枚入りなので、数枚用意しておけば乾くのを待たずに練習できます。

墨汁で練習するならこちらをどうぞ

「書道半紙」「スポイト」「ぼくえき」といった、お習字に必要な道具も100均で揃います。

ぜひお試しください♪

 

年賀状用の筆記用具の準備はお済みですか?
こちらもおすすめですよ。

>>年賀状書きに便利な100円ボールペン&筆ペンはこれ!

 

今回の商品は……

  • 習字用 水書き練習シート 税込110円
  • 書道用下敷き 税込110円
  • 毛筆細 税込110円
  • 毛筆太 税込110円
  • 文鎮 税込110円
  • 高級書道用半紙 税込110円
  • スポイト 税込110円
  • ぼくえき 税込110円
ページトップに戻る