MENU
実際に使ってみました
2020年05月21日

100均の保冷バッグの保冷力を検証してみた!

100均の保冷バッグの保冷力を検証してみた!

100円ショップFLET’S(フレッツ)・百圓領事館が運営する『100円のチカラ』レポーターの“ほっち”です。

100均の保冷バッグを通年、愛用していますが、その保冷力はいかほどか?

ということで、ほっちが保冷バッグの保冷力を検証してみました!

検証準備、スタート!

検証に使用する保冷バッグ(バッグインバッグ)、保冷剤(カフェ柄3個)、500mlのペットボトルのお茶です。

検証前日から、保冷剤を凍らせ、お茶は冷蔵庫で冷やしておきました。

検証方法

保冷バッグに、保冷剤3つとペットボトルを入れ、調理用温度計を差し入れます。

これを陽当たりの良い東の窓際に置いて、1時間おきに温度変化を見ていきます。

保冷バッグ:バッグインバッグ
保 冷 剤:カフェ柄 3個
冷 や す 物:500mlのペットボトルのお茶
温 度 計:調理用温度計
検 証 場 所:東の窓際
検 証 時 間:午前10時~午後1時
温 度 測 定:1時間ごと

午前10時、検証スタート!

午前10時。リビングの室温は20℃でしたが、陽当たりの良い東の窓際は30℃を超えていました。ここに保冷バッグを置きます。

スタート時の保冷バッグ内の温度は16.5℃。

1時間後、どのように変化しているでしょうか。

午前11時_1回目の温度計測

1時間で窓際の室温が24℃まで下がっていました。

保冷バッグ内の温度は19℃。

2.5℃上昇しました。

正午_2回目の温度計測

室温は24℃で変わらず。

保冷バッグ内の温度は18℃。

前回より1℃下がりました。室温が変わらなかったので、保冷剤で冷やされたのでしょうか?

午後1時_3回目の温度計測

室温は23℃くらい。

東の窓際なので、午後になると日が陰り、気温が下がりはじめます。

保冷バッグの中の温度は19℃。

1℃上がりました。

保冷剤の状況をチェックしてみると、完全には溶けておらず、まだ保冷力が残っていました。

保冷剤付近の温度を測ってみると11℃。

保冷剤のそばにあるペットボトルは、冷え冷えではないけれど、ぬるくはなっていませんでした。

抽象的な表現ですみません。

その日の気温や、保冷バッグが置かれる環境によって保冷具合いが変わるので、必要に応じて保冷剤を増やすなど、保冷バッグをお使いになる際の参考になれば嬉しいです♪

検証に使用した商品はこちら☆

保冷バッグは、手持ちのトートバッグやリュックなどに入れられる「バッグインバッグ」

お弁当やお菓子、ペットボトル飲料などを持ち歩くのに便利なサイズです。

モノトーンカフェシリーズの「保冷剤 カフェ柄」。

保冷剤はたくさん種類があるのですが、保冷バッグの色に合わせてこちらをセレクトしました。

保冷バッグの検証はいかがでしたでしょうか?

100円のチカラでは、さまざまな検証を行っています。ぜひこちらもご覧ください!

>>お店では禁断の…「100均のパンツ」を徹底検証!

>>100均ソフトジェルパフ検証!UVクリームやリキッドファンデがきれいにぬれるってホント?!

>>100均トップコートを検証!3Dホロがはがれないのは?

 

今回の商品は…

  • バッグインバッグ 税込110円
  • 保冷剤 カフェ柄 税込110円
2020年05月21日 / 実際に使ってみました
キーワード:, , ,
ページトップに戻る