MENU
実際に使ってみました
2020年08月10日

針も糸も不要!ウワサの100均便利グッズ「縫わないシャツボタン」

針も糸も不要!ウワサの100均便利グッズ「縫わないシャツボタン」

100円ショップFLET’S(フレッツ)・百圓領事館が運営する『100円のチカラ』レポーターの“まつ”です。

「面倒なボタン付けが、あっという間に終わる」とSNSで話題になっていた、縫わないシャツボタンをFLET’S(フレッツ)・百圓領事館で見つけたので、早速試してみました。その実力や、いかに!?

ONE TOUCH SHIRT BUTTONってなに!?

  • 縫わないシャツボタン

パッケージ右上に入っている文字は、「MADE IN JAPAN」。
おお、日本製なんですね!!

パッケージ裏側にある「ご使用方法」はかなり親切な解説なので、初めて使う人も安心です。
ふむふむ、裏からピンを刺して専用ボタンにはめ込むんですね。

注意しておきたいのは、一度はめるとはずれないということ!! はずすにはニッパーが必要です!!

早速使ってみる! 縫わないシャツボタン

ちょうど夏物のリネンシャツのボタンが取れたところだったので、「縫わないシャツボタン」を付けてみます。

薄手のシャツなので、いとも簡単にピンが刺せました。
針も糸も不要ですが、ピンの先は針のようにとがっているので、小さいお子さんだけでの使用は避けた方が良いと思います。

専用ボタンの穴にピンをはめ込みます。
パチンという気持ちの良い音がして、片手の力だけで簡単にはめられました。

確かに、これは取れませんね。
ボタン位置をしっかり吟味してから付けることをおすすめします。

ボタンを留めてみました。全く違和感なし!
誰が、このボタンを5秒で付けたと思うでしょうか。

元のボタンとサイズを比べてみました。

「縫わないシャツボタン」の方がひとまわり大きい、直径11mm。が、ボタン穴がキツイこともなく、なんの違和感もなく留められました。

薄手のシャツは大丈夫だったけど、厚手の生地だったらどうなの??」という素朴な疑問がわいたので、冬のウール地で試してみました。

もうこれ、シャツの生地ですらありません。冬物のパンツの生地です。ジャケットの表地と同じ厚さ。
「かかってこいや~」という気持ちで選んでみました。

あっさり、付けられました。
まだまだ余裕がある感じで、思った以上の実力に正直びっくり。

針と糸がなくても5秒でボタン付けができるので、常に1セット携帯しようと思います!

裁縫やボタン付けが苦手という人には、間違いなくおすすめの逸品でした♪

 

100均のリペア商品には、隠れ名プレイヤーがいっぱい! ぜひチェックしてみてくださいね。

>>「リペア」の記事一覧

 

今回の商品は…

  • 縫わないシャツボタン 税込110円
ページトップに戻る