MENU
実際に使ってみました
2021年02月04日

「自転車の缶ホルダー」など100均の気になる自転車グッズを使ってみた!

100円ショップFLET’S(フレッツ)・百圓領事館が運営する『100円のチカラ』レポーターの“ほっち”です。

1月30日に公開した「安全・快適に走るための100均自転車グッズはお読みいただけましたでしょうか?

今回は、数ある自転車グッズの中から、ほっちが気になっていたグッズを実際に試してご紹介していきます!

サイクリング時の水分補給に「自転車の缶ホルダー」

子どもと公園に行くときや、運動不足を解消するために自転車に乗るときに、あったらいいなと思っていたドリンクホルダー。

「自転車の缶ホルダー」という商品名で、ブルー、グレー、ブラックがあります。

ほっちが選んだのはブラック。

はじめにパーツを確認してから、プラスドライバーを使ってハンドルバーに取り付けていきます。

純正パーツのように馴染んでいます♪

前述の通り、商品名は「自転車の缶ホルダー」ですが、走行中に飲み物がこぼれないよう、フタのあるペットボトル飲料を入れるのがいいと思います。

500mlの四角いペットボトルも入ります。

ちなみに、650mlのペットボトルは入りませんでした。

段差を越えたり、ガタガタ道を走ったりすると「自転車の缶ホルダー」にも揺れが伝わるので、300mlの背の低いペットボトルならより安心です。

後方を確認できる「自転車のくねくねミラー」

街で見かけるたびに、いいな~と思っていた自転車用ミラーが100円で買えると知ったときは嬉しかった!

さっそく「自転車のくねくねミラー」を取り付けました。

こちらもはじめにパーツを確認。

「自転車の缶ホルダー」と同じように、プラスドライバーで取り付けます。

取り付けてから後方が見える位置にミラーを調節するのですが……

あれっ、自分が映り込んでいる~。

空が映っちゃった~。

なんて調子で、なかなかうまく合わせられない(汗)

というわけで、パッケージ写真のように左側につけたほうがいいのかもしれないと思い、つけ直して再チャレンジ!

作業中に、ふとこんなことを思いました。

ほっちの自転車は小型の折りたたみタイプで、俗に言うママチャリよりハンドルの位置が低いので、ミラーの調節が難しいのかも?

そこで、自転車にまたがった状態で「自転車のくねくねミラー」に後方が映る様子をカメラで確認。

画面を見ながら、視点を下にずらしていくと写真のように後方が見える位置を発見!

ほっちの仮説は、当たっているかも!?

さっそく、もう一台の自転車(電動でないママチャリ)に「自転車のくねくねミラー」を付けて再チャレンジ!

結果は、小型の折りたたみ自転車より、こちらのママチャリのほうが調節しやすかったです。

自転車の大きさやハンドルバーの形状で見え方が変わるのかもしれませんが、欲を言えば「自転車のくねくねミラー」のくねくね部分がもう少し長ければ、もっと見やすくなるかも……!?

省スペースな「自転車用空気入れ」が便利

玄関収納の少ないほっち家では購入をためらっていた空気入れ。

けれど「自転車用空気入れ」なら本体が約27cmとコンパクトなので、隙間に収まります。

タイヤの空気が抜けた状態で走り続けると、タイヤの中のチューブを痛めてしまいパンクの原因になるので、こまめにチェックしておけば安心です♪

携帯に便利な「自転車のスプレー空気入れ」もあります!

大人用タイヤの空気が全く入っていない状態で約5回分。軽く抜けた状態で20~30回使えます。

自転車通勤をしている方は、会社のロッカーに常備しておくといいかもしれませんね。

はっしー、「自転車のスプレー空気入れ」も常備品リストに加えてください!

>>会社のロッカーに常備するべき100均グッズはコレ!

 

1月30日に公開された、ほっちの「安心で快適な自転車ライフをサポートする自転車グッズ」をまだ読んでいない方は

↓↓↓こちらからどうぞ♪

>>安全・快適に走るための100均自転車グッズ

 

今回の商品は…

  • 自転車の缶ホルダー 税込110円
  • 自転車のくねくねミラー 税込110円
  • 自転車用空気入れ 税込110円
  • 自転車のスプレー空気入れ 税込110円
2021年02月04日 / 実際に使ってみました
キーワード:, , ,
ページトップに戻る