MENU
実際に使ってみました
2021年01月25日

ぬりえが3Dに!?大人も楽しめる100均の「立体ぬりえ」がハマる!

100円ショップFLET’S(フレッツ)・百圓領事館が運営する『100円のチカラ』レポーターの“すみ”です。

大人の間でもブームになった「ぬりえ」、今では色んなものが発売されていますよね〜!
その中の1つ、自分で塗った絵を3Dで飾れちゃう「立体ぬりえ」が超おすすめなんです♪

※「立体ぬりえ」のお取り扱いがあるのは、一部の大型店舗のみとなります。何卒ご了承ください。

思わずハマる!「立体ぬりえ」ってなに!?

色を塗った4枚の絵を組み立て、3D化して飾れるぬりえ…それが「立体ぬりえ」です!

立体ぬりえの種類は、写真左から

  • マーメイドオーシャン
  • テラリウム
  • ワンダードリーム
  • バルーンフェスティバル

の4種類です♪
どれも凄く可愛い絵ですよー!

そしてセット内容は…

  • ぬりえシート×4枚
  • フレーム(茶色と紺色のリバーシブル)×1枚
  • ジョイントパーツ 大×4、小×4

ジョイントパーツはシート1枚になっているので、8つのパーツに切り離します。
写真のように半分に折っておきました。

無心になれる!ぬりえを楽しもう♪

ぬりえシート4枚に色を塗っていきます。

「ここは何色にしよう?」「ムラなく塗りたいな…」なんて考えているうちに、いつの間にか夢中になっているのでストレス解消にいいかも…!?

最初はお喋りしながら塗っていた娘もいつの間にか無言になるほど集中しています♪

すみ家では4枚のぬりえシートをしっかり塗って約3時間〜4時間かかったので、塗りごたえたっぷり!
一気に塗らず、毎日一枚ずつ完成させるのも楽しそうです。

ぬりえを組み立てたら完成♪

4枚の絵を塗り終えたら8つのジョイントパーツを使って組み立てます。
ジョイントパーツは大小2種類の大きさがあるので、組み立てる際に確認してくださいね♪

組み立て方は、説明書にイラスト付きで組み立て方が書かれていたのでわかりやすかったです!

ジョイントパーツをはめ込むときは、外れないようにしっかりと押し込むのがコツ。
また、本体を横向きにして組み立てると安定して作業ができます♪

組み立て終わったら完成です。
か、かわいい〜!!

普通のぬりえと違って奥行きがあるので、角度によって見え方が違います♪


子供も不思議そうに覗き込んで楽しんでいましたよ〜!

ぬりえだけじゃなくフレームがついているのが嬉しいポイント!
しかもリバーシブル仕様なので、紺色のフレームにもできちゃいます。

完成すると大人も子供も達成感でいっぱいに。
100円とは思えないクオリティの高さで大満足でした♡

ちょっと無心になってスッキリしたい、子供と何か簡単に作りたい…そんなときにピッタリなので、気になった人はぜひ試してみて♪

夢中になっちゃう塗り絵やドリル、まだまだあります!

>>大人も思わずハマる!自宅学習ドリル&大人の塗り絵は100均がおすすめ♪

子供にはこちらもおすすめ♪

>>100均の「おえかきレインボーシート」で遊んでみました♪

 

今回の商品は…

  • 立体ぬりえ   各  税込110円
ページトップに戻る