MENU
実際に使ってみました
2021年03月01日

お祝いに!100均バルーンでお部屋を飾ったら映えスポットが誕生した♡

100円ショップFLET’S(フレッツ)・百圓領事館が運営する『100円のチカラ』レポーターの“すみ”です。

卒業・入学のシーズンになり、お祝いの準備をしている人も多いのではないでしょうか。
そんな時に大活躍するのが飾り付けのバルーンや風船。
実は100均で買えますよー!

※今回ご紹介する商品のお取り扱いがあるのは、一部の大型店舗のみとなります。何卒ご了承ください。

ただの風船じゃない!飾り付けにぴったりな100均バルーン

写真上段から

  • 連結バルーン(12p)
  • 蓄光バルーン(3個入り)

連結バルーンはピンクセットとブルーセットがあり、1袋100円でそれぞれ3色ずつ入っています。
セット内容は

  • ピンクセット:ピンク4p / ライトピンク4p / ホワイト4p
  • ブルーセット:ブルー4p /ライトブルー4p / ホワイト4p

3色12個も入って100円って、すごいお得…。

蓄光バルーンもハート柄と星柄の2種類あり、1袋100円です。
すみは蓄光の物ってあんまり光らなかった記憶しかないんですけど、果たしてこれはどうなんでしょう!?
早速試してみました。

実際に100均バルーンでお部屋を飾ってみた!

まずはこちらの蓄光バルーン。
取り出してみるとこんな感じ。

膨らますと思ったよりも白く透明でした。
ハート柄が可愛い!

パッケージには「室内灯などの光に当てた後に暗闇にすると光ります。」とありました。
またブラックライトに当てても光るそう。

こんな綺麗に光るかな?と思い試してみると…

す、すごい…!
めちゃくちゃ綺麗に光ってます!

写真はスマホの自動補正ありで撮影しました。

そして自動補正をあえて解除した写真が次の2枚です♪

 

こちらの方が肉眼で見た感じに近いと思います。

日当たりが良い部屋でしっかり蓄光したこともあり、ハートと星の柄が綺麗に浮かび上がりました♪
薄暗い部屋でもほんのり光ったので、照明を落としたムーディーなお部屋にも映えるかもしれません。

※蓄光バルーンは暗闇に入ると明るく光りますが、次第にその光は弱くなります。
また蓄光状況やバルーンを飾る場所によって違いがあります。

続いてはこちらの連結バルーン♪

普通の風船と何が違うの…?と思ったら、風船の先が細くなっていました。

先端が3cmほど残るように膨らませるそうです。
そうするとこんな形に。

そしてこの3cmほど残った先端を、別の風船の結び口に縛って繋げる…

これを繰り返すと風船が綺麗に繋がりました!
テープなど使わずに風船を連結できるので便利ですね〜。

こんな風に丸く繋げてみました♪
壁には両面テープで貼っています。

お花っぽい形なので、真ん中に造花を飾ってみました!
やっぱり風船×お花の組み合わせは最高ですね。

ジャーン!

飾りつけが完成しました♪


蓄光バルーンは口を糸で結び、天井や壁にテープで貼って吊るしました。
マスキングテープを使うと壁に残りにくいと思います。

100均バルーン、すみ家では大好評でした〜!
コスパも良いので、この時期はもちろん、お誕生日や記念日にも使えると思いますよ♪

 

卒業のお祝いにロゼットもどうでしょう?

>>縫わずに簡単♪100均シュシュで作るオリジナル「卒業祝いロゼット」

 

今回の商品は…

  • 連結バルーン(12p)   各   税込110円
  • 蓄光バルーン(3個入り)    各   税込110円
ページトップに戻る