MENU
実際に使ってみました
2021年07月17日

夏休みに役立つ時短料理グッズはコレだ!100均の「そのまま食卓ボウル」

100円ショップFLET’S(フレッツ)・百圓領事館が運営する『100円のチカラ』レポーターの“はっしー”です。

このたび、はっしー的!?100均「時短料理グッズ」を発見してしまいました!

食器と同じように使える?!「そのまま食卓ボウル」

ほかの食器と食卓に並べても、違和感ナシ!その名も「そのまま食卓ボウル」

ボウルの表面には光沢があり、溝のある高見えデザインだから、調理用ボウルとして活用したあとや、保存しておいた料理をわざわざ器に移さずに“そのまま食卓”に並べていいんです!

耐冷温度は-20度なので“そのまま”冷蔵庫での保存も、耐熱温度は140度なので電子レンジでの加熱も熱湯を入れることもOKです!
(食器洗浄機、乾燥機、オーブン、直火はNG!)

サイズ別に選べる「そのまま食卓ボウル」

写真左から

  • そのまま食卓ボウル【小】 <サイズ:約147×140×H54mm、480ml>
  • そのまま食卓ボウル【大】<サイズ:約184×174×H70mm、1.05リットル>
  • そのまま食卓ボウル【深型】<サイズ:約165×157×H87mm、1.1リットル>

こちらはお弁当箱にもオススメ!

  • 「そのまま食卓ポット」<サイズ:約157×110×H68mm、470ml>

「そのまま食卓ボウル」を“そのまま食卓”に並べてみた

商品パッケージに「洗い物を減らして時短家事」とあるように…

残ったご飯を「そのまま食卓ボウル【深型】」に入れ、付属のフタをして“そのまま”冷蔵庫で保存。

冷蔵庫から取り出して“そのまま”電子レンジで温めたら…

“そのまま食卓”で、ホカホカのご飯が食べられます。
特に黒バージョンは漆器のような見た目なので、高級感すら感じられます(あくまではっしー個人の感想)。

こちらは“ツナと大根のサラダ”ですが、材料を混ぜ合わせるボウルとして「そのまま食卓ボウル【深型】」を活用して、仕上げに黒コショウをふりかけ、“そのまま食卓”へ! なんて、楽チンなんでしょう♪

そのまま食卓ボウル【大】」に、少し早めに作っておいたサラダにフタをして保存。食べる直前にフタを外すだけで“そのまま食卓”に出せるから、洗い物が減らせます。

お次は、コーン缶のコーンを「そのまま食卓ポット」に入れて、塩コショウやパセリをふりかけ、フタをして電子レンジ【500W】で2~3分加熱、

最後にバターをのせれば、“コーンバター”が約3分で完成(驚)。もちろん、“そのまま食卓”へ出しました。

 

100均「そのまま食卓ボウル」は、食卓に並べるまでの時間も含めて“はっしー的に究極の時短料理グッズ”でした!

 

こんなお料理時短グッズもありますよ!

>>コレ、便利!料理の時短には「100均の〇〇カッター」

 

今回の商品は…

  • そのまま食卓ボウル 各税込110円
  • そのまま食卓ポット 税込110円
ページトップに戻る