MENU
実際に使ってみました
2021年11月04日

キッチンも洗面台も♡100均のPVA吸水スポンジが大活躍

キッチンも洗面台も♡100均のPVA吸水スポンジが大活躍

100円ショップFLET’S(フレッツ)・百圓領事館が運営する『100円のチカラ』レポーターの“まつ”です。

「なんで、もっと早く出会わなかったのか…! もっと早くから使っておけば…!!」と心底思うアイテムに、出会ってしまいました。
「これから一人暮らしを始める人は、ぜひ買ってください!」と力説したいくらい、使える子です。

今日は、その「吸水スポンジ」との初めての共同作業をレポートします♪ この感動、伝われ…!

※今回ご紹介する商品のお取り扱いがあるのは、一部の大型店舗のみとなります。何卒ご了承ください。

見た目も可愛い♡「吸水スポンジ くろねこ」

  • PVA吸水スポンジ・くろねこ(左:パッケージ入り 右:パッケージから出したもの)
    サイズ:70mm × 90mm × 20mm

ひとつ、100円(税込110円)。
ちょっと高見えします。黒一色でシンプルな形がポイント高し。さらにネコ型なのが、ちょうど良い愛嬌を醸し出してます。

厚みはたっぷり、約20mm。

「使用前に、水かぬるま湯で浸し、洗い、絞ってからご使用ください。」とのこと。
素材の特性上、濡れた状態でないと十分に吸水できないのです。

トリマーの専門学校に通っていた友達が、「水が水を呼ぶんだよ!」と熱弁していたのを思い出します。

というわけで、しっかり洗って絞りましょう。

「吸水スポンジ くろねこ」の働きや、いかに!?

ご覧ください♪ キッチンシンクをひと拭きしたら、こんなにくっきりと差が出ました。
これ言葉通り、本当に1回キュッと拭いただけなんです。

ふきんと違って片手で絞れるので、繰り返し拭くときの面倒くささも半減
そして、このネコ型のおかげで四角いスポンジよりも握りやすいし、カーブを使って細かい場所も拭き取れる

水栓 Before

お見苦しいものを…すみません。掃除してもすぐに水アカがついてしまって、ちょっと諦め気味だったキッチンの蛇口。

水栓 After

食器洗いせっけんを付けた掃除用スポンジで拭いた後に水で流し、吸水スポンジで拭き取ったところ、ピッカピカになりました★
その後は、1日の終わりに吸水スポンジで軽く拭くだけで、今もこのピカピカをキープしています。いや、本当に、感動です。

吸水力チェック! この小さなスポンジで50㏄吸える!?

名前に「吸水」とついたら、吸水量を確認したくなる、まつです。

今回は、麦茶50ccでチャレンジ。

バットに麦茶を流し込みます。うん、なかなかの量ですね。キッチンの拭き取り仕上げをするときより、大変そう。

吸ってみました。わ、全然問題なく吸えちゃいました!!

可愛い顔して実力は本物の吸水スポンジ♪

“吸水スポンジと上手く付き合うコツ”を考えてみた

吸水スポンジの使い方を調べていたとき、「お掃除に使う」という情報や「カビが生えて困った」という情報を見つけました。

まだ、まつも長期間使ったわけではないので検証してはいませんが、たぶん、「お掃除に使わない方がカビが生えにくい」と思います。

吸水スポンジは、当然ながらふきんやお掃除用のスポンジよりも、ついた汚れを取りにくい構造。なので、いかに汚さずに、繰り返し吸水するかがポイントなんじゃないかなあと。

まつ的に、押さえておこうと思っているポイントは、次の5つ。

  1. お掃除はメラミンスポンジなどのお掃除グッズで!
  2. キレイになった後の水滴の拭き取りは吸水スポンジで!
  3. 毎日こまめに使って、吸水スポンジが完全に乾かないようにする
  4. 気軽にすぐ使えるように、使いたい場所すべてに設置(まつ家の場合は、キッチンと洗面台)
  5. へたってきたら、結露取り用などの汚れる場所にお下がり

これからの季節、結露取りにも活躍してくれそうで、期待大!
使う場所の近くにそのままポンと置いておいても、ネコ型だから可愛いところも助かります。

 

これまで試した「吸水力チェック」のレポートはこちら♪

>>100均セルロースクロスの実力テスト!

>>あなどれない!100均ふきんの実力チェック

 

今回の商品は…

  • PVA吸水スポンジ・くろねこ 各 税込110円
ページトップに戻る