MENU
実際に使ってみました
2022年01月17日

持ち歩いた後は隠してポイ★100均サニタリーバッグ

持ち歩いた後は隠してポイ★100均サニタリーバッグ

100円ショップFLET’S(フレッツ)・百圓領事館が運営する『100円のチカラ』レポーターの“まつ”です。

地味だけど便利なグッズ。100均には、いっぱいありますよね。今日ご紹介するのもその仲間。

いつもの外出はもちろん、旅行先や誰かのおうちにお邪魔するときに持って行きたい、ジッパータイプのサニタリーバッグです。

ジッパータイプのサニタリーバッグって?

写真左から

  • 立ててポイっとサニタリーバッグ 7枚
    サイズ:約H17cm × W24cm × マチ13cm(外寸)
  • バッグにポン!サニタリーバッグ 12枚
    サイズ:約H16cm × W15cm(外寸)

どちらも100円(税込110円)です。

※取り扱いを終了したため参考商品となります。恐れ入りますが、在庫完売後の入荷はございません。

このサニタリーバッグの特徴は、何と言っても中身が透けないアルミ蒸着(じょうちゃく)袋になっているところ。
使用済みのナプキンや吸水シートを密封できるんです!

ただし、完全密封ではないので水分の多いものは入れないでください。
ご使用になる際は、商品パッケージ裏の「使用上のご注意」を読んでからお使いくださいね。

使い捨てサニタリーバッグのサイズは2種類

2つのサイズを比べてみると、こんな感じ。
「立ててポイっとサニタリーバッグ」はヨコに長く、マチもあります。

「バッグにポン!サニタリーバッグ」の上に、35cmのスリムタイプのナプキンを置いたところ。
不織布の包み紙は少しはみ出ていますが、本体はしっかり収まりそうですね。

「バッグにポン!サニタリーバッグ」に35cmスリムタイプナプキン3つを入れてみました。
スペースにまだ少しゆとりがあるので、取り出しやすい♪

ジッパーの口も、余裕をもって閉められました。

「バッグにポン!サニタリーバッグ」に、25cmスリムタイプナプキンを7つ入れてみたところ。
コンパクトな見た目に反して、意外と大容量です。

続いて、「立ててポイっとサニタリーバッグ」を見ていきましょう。
上の写真のような、たっぷりとしたマチがあるのが特徴です。これなら、子ども用のオムツも入りそうです。

「立ててポイっとサニタリーバッグ」に、35cmスリムタイプナプキンを5つ入れてみました。
まだ余裕があります。

口を閉めても、パンパンにはなっていません。

「立ててポイっとサニタリーバッグ」は、パッケージの写真のように自立するのが便利なポイント。

旅行先や滞在先でも使えますし、自宅にサニタリーボックスを置きたくない派の人にもおすすめです♡
上部にある穴を使ってフックにかければ、コンパクトに収納できるのも嬉しい!

 

そうそう、こちらの記事もぜひ参考にしてみてくださいね♪

>>「サニタリー用品」の収納から処理まで、100均グッズでまるっと解決!

ページトップに戻る