MENU
実際に使ってみました
2022年02月10日

キッチンに必須かも!?100均の「大きい計量カップ」がとにかく使いやすい♪

100円ショップFLET’S(フレッツ)・百圓領事館が運営する『100円のチカラ』レポーターの“すみ”です。

キッチングッズで欠かせないアイテムの1つといえば、計量カップですよね。
皆さんはどんなものを使っていますか?

実は、100均の大きい計量カップがとっても便利なんですよー!

※今回ご紹介する商品のお取り扱いがあるのは、一部の大型店舗のみとなります。何卒ご了承ください。

500mlも量れる♪ビッグ計量カップ

  • ビッグ計量カップ
    サイズ:141×87×121mm
    容量:約500ml
    耐熱温度:70℃
    耐冷温度:−20℃

こちらがその名の通りビッグに量れる大容量計量カップ!
なんと約500mlまで量れます。

日本製なのも嬉しいポイント♪

メモリは50mlずつが500mlまで、0.5カップずつが約2.5カップまで量れます

個人的に嬉しかったのは、目盛がプリントではなく立体文字になっているところ!
見栄えが良いし、長く使ってもプリントが剥がれてしまう心配がありません♪

使いやすい深さと形がGOOD♪

写真左が今まですみ家で使っていた計量カップ、そして右が「ビッグ計量カップ」です。

今まで使っていた計量カップは300mlまでしか量れず、さらに形が横に広いので収納に場所をとっている点が気になっていました。

「ビッグ計量カップ」は多く量れるのに、縦長でスリムなので収納しやすい点が気に入っています♪

すみ家での話になってしまうのですが…

小学生の娘が卵焼きを作る際に、写真のように卵をこぼしてしまうんです(泣)
つい勢いよく混ぜてしまうせいなのですが、底が浅いカップだとどうしても難しいですよね。

でもこちらの計量カップに替えてからは、こぼすことなく混ぜられています♪

どちらの計量カップにも同じ卵3個が入っているのですが、やっぱり大きい計量カップの方が余裕がありますねー!
深い作りのカップなので、混ぜる時や移動時もこぼれにくくて安心です。

さらに、実際に使ってみて思ったのは…この注ぎ口が優秀だということ!

ちょうど良い幅と深さの注ぎ口なんです。

以前は注ぐ時の角度の違いで、すぐに流れる水の量や幅が変わっていました。

この計量カップではヤカンから水を注ぐのに近い感覚で安定して注げました。
注ぐときの水幅が一定なのって意外と助かるんですよね!

ちなみに写真ではカレーを作っているのですが、水500mlが一回で加えられちゃうのがとても楽でしたよ〜!

ちょっと意外な使い方も…

計量カップとして大満足な「ビッグ計量カップ」でしたが、中に観葉植物を入れて飾っている人もいるみたいです。

確かにとっても可愛いー!
キッチンやお部屋に置きたいです♪

すみはこれまで、計量カップにあまりこだわりがなかったのですが、自分に合った計量カップは料理時の強い味方になってくれることがわかりました。

大きいサイズの計量カップは量れるものが多くて、時にはボウルのような役割もこなしてくれるのでとってもおすすめです♪

 

キッチングッズを見直すならまずは100均をチェックしてみて♪

>>思わずうなった!100均の便利&シンプルデザインでおしゃれなキッチングッズ

 

今回の商品は…

  • ビッグ計量カップ      税込110円

 

 

ページトップに戻る