MENU
実際に使ってみました
2022年07月28日

おうちで氷コーヒーも★100均アイスバッグで夏を楽しく!

おうちで氷コーヒーも★100均アイスバッグで夏を楽しく!

100円ショップFLET’S(フレッツ)・百圓領事館が運営する『100円のチカラ』レポーターの“まつ”です。

氷をつくるときに便利な100均のアイスバッグ、もう使っていますか?
まつは今回初めて使ってみたんですが、「キャンプとか、離乳食とか、使えるシーンは色々かも!」と、アイスバッグが秘めた可能性にちょっと興奮しました。

100均のアイスバッグとは?

  • アイスバッグ 24P

水はもちろん、ジュースなどのお好きな飲み物を注いで凍らせるためのバッグです。

耐冷温度は、-20℃。サイズはタテ310mm × ヨコ190mmです。一度に24個の氷を作ることができるバッグが24枚入っています。

炭酸飲料やアルコール類はNG。ホットの飲み物を入れるときは、しっかり冷ましてから入れてくださいね。

アイスバッグで氷コーヒーを作ってみた♡

今回作るのは、まつが大好きな氷コーヒー! コーヒー味の氷を牛乳で溶かしながら飲む、あれです。

早速、市販の加糖コーヒーをアイスバッグに注ぎます。面倒くさがりなまつは、ろうとは使わず入れましたが全然問題なしでした! アイスバッグの底を軽く台につけるように持ちながら、反対の手で注ぐと上手くいきますよ。

注ぎ終わったら逆さにすると逆流防止弁が閉じます。このとき多少こぼれますので、シンクの上など汚れても良い場所で! あとは表面を軽くふいて、冷凍庫へGO!

こぼれないか心配なときは、写真のようにキッチンクリップではさんじゃいましょう。

無事に凍りました~!

使う分だけハサミでチョキチョキ切って、袋から氷を取り出して使います♪ 袋から取り出すときに少し手が汚れるので、ふきんを用意しておくと良いかも。

アイスバッグの特徴は

  • 必要な分だけ切って使える
  • 使い捨て
  • 製氷皿から取り出して保管しなくて良い

というところ!

2袋使えば、アイスコーヒー氷とオレンジジュース氷を同時進行で作れちゃいます。家族の好みがバラバラでも大丈夫。それぞれの製氷皿を用意する必要も、一方が凍るまでほかの氷が作れない心配もなし

バーベキューのときに、行きは保冷剤として、着いたら飲み物用の氷として使うのにも便利。それぞれの氷が分かれているので、溶けてくっついて大きな塊になっている(泣)という悲劇も避けられそうです♪

コーヒー味の氷をグラスに入れたら、牛乳を注いで、氷コーヒーの出来上がり。今年の夏は、色んなドリンクで氷を作って「薄まらないドリンク」を楽しもうと思います♪

ちなみにまつは、冷凍庫を汚さないように、使いかけの分はジッパーバッグに入れました。

 

おうちでカフェ気分を楽しむなら、オーロラグラスもおすすめです♪

>>映えすぎ!100円のオーロラグラスが想像以上に美しい…!

 

今回の商品は…

  • アイスバッグ 24P 税込110円
ページトップに戻る