MENU
実際に使ってみました
2022年07月25日

紐通しってひとつじゃないの?!100均の紐通しは用途で使い分けるのが正解

100円ショップFLET’S(フレッツ)・百圓領事館が運営する『100円のチカラ』レポーターの“ほっち”です。

手芸やパーカーなどの紐が抜けてしまった時に使う紐通し。実はこれ、ワイヤータイプ、ハサミタイプなどいろいろな種類があるってご存知でしたか?

ほっちは、とじ針のような形の短い紐通しを使っているのですが、紐を通したい物に合わせて紐通しを使い分けると便利そうです。

というわけで、100均の紐通しをいろいろ使ってみました。

メンズパンツの紐通しもラクラク「ロングひも通し」

はじめに使ってみたのはこちら。長いワイヤータイプのロングひも通しです。

全長は約29.5cm(ほっち計)。片方の先端には赤い球がついていて、もう片方はワイヤーが輪っかになっています。

ワイヤーが長いので、ウエストの大きなメンズパンツの紐を通してみることにしました。

まず、通したい紐を輪っかに通します。

巾の広い紐の場合は二つ折りにしてから、赤色のストッパーをスライドさせて紐を固定します。

これで準備が完了。

その後は、ずんずん紐通しを通し穴に通していきます。

紐通しが全部通し穴に通ったら、紐を引き込めばご覧の通り!

早く使えばよかったと思うほど簡単でした。

シンプルで使いやすい「かんたんひも通し」

耳穴が大きいので巾の広い紐類がラクに通せるかんたんひも通し(2本入り)

材質はナイロンで、とてもしなやかです。

太い紐類は、耳穴に通してストッパー(耳穴のギザギザ)に引っ掛けます。

細い紐類は、耳穴に通してから結んで固定して使います。

かんたんひも通しでは、子どものルームウェアの紐を通してみました。

耳穴に紐を通して、

かんたんひも通しが通し穴に全部通ったら、紐を引き込みます。

かんたんひも通しはすべりがよく、スムースに紐を通すことができました。

小物類の紐通しには「紐通し4点セット」

紐通し、糸通し、針がセットになった紐通し4点セットに入っているのは、ハサミタイプの紐通しです。

紐を挟んだら円型のストッパーをスライドさせて紐を固定して使います。

小さな巾着袋の紐を通しました。

はさみタイプは、途中で紐が抜けてしまうのではないかと心配していましたが、ホールド力がしっかりしているので抜けることはありませんでした。

今回、使ってみた紐通しはどれも使い勝手がよく、簡単に通すことができ、ストレスの塊だった紐通しがとても楽に感じられました。

また、パジャマのゴムなのか、巾着の紐なのか、種類や長さで紐通しを使い分けると、より楽になると思いました。

私のように、紐通しにストレスを感じる方にぜひ使っていただきたいです。

糸通しも便利です!

糸通しが苦手な方には、こちらの糸通しはいかがでしょうか。

はっしーが紹介してくれた、糸通し不要の針も便利ですよ。

>>老眼でもスイスイ糸が通せる!?あると便利な100均の“針”

 

今回の商品は…

  • ロングひも通し 税込110円
  • かんたんひも通し2本入 税込110円
  • 紐通し4点セット 税込110円
  • 糸通しセット 税込110円

 

2022年07月25日 / 実際に使ってみました
キーワード:, ,
ページトップに戻る