MENU
実際に使ってみました
2022年08月13日

あの埋まらない隙間にフィット★100均の吸着フロアマットでスッキリ!

あの埋まらない隙間にフィット★100均の吸着フロアマットでスッキリ!

100円ショップFLET’S(フレッツ)・百圓領事館が運営する『100円のチカラ』レポーターの“まつ”です。

ずっと気になりつつ、市販の他のマットでは埋まらなかったあの隙間を…100均の「吸着フロアマット」で埋めてみました~!

※使用した商品は、2022年6月にFLET’S 大宮櫛引店にて購入いたしました。お取り扱いがない店舗や完売後の再入荷がない場合もありますが、何卒ご了承ください。

吸着フロアマットとは…??

  • 吸着フロアマット 2色アソート ※写真は茶色のみ ※2枚とも同名商品
    サイズ:約30cm × 30cm

説明しよう! 「吸着フロアマット」とは、裏側にPU接着剤を施すことでピタッと床に張り付いてズレにくくしたマットのこと。薄手なので、ちょっとしたところに気軽に敷けるのがポイント。

裏側のフィルムは「Open」タグのところから、簡単にはがせます♪

張り替えが簡単なのも魅力♪

2週間に一度はがして吸着面を空気に触れさせる必要があるのが、面倒くさがりのまつにとっては少しハードルの高いところですが…。

気になる隙間に「吸着フロアマット」を敷いてみた!

まつが気になっていた隙間は、こちら!

  1. 板の間部分で椅子を動かすと階下に響くのが気になる
  2. たたみの一部に椅子が乗り上げてゴロゴロ擦れるのが気になる

家具量販店で横幅の合うマットを買ってみたりしたのですが、板の間部分はカバーできたものの、たたみの上にまでは届かず…。

「これは、カスタマイズしかないな…!」と覚悟を決めました。

STEP1)必要な枚数を見積もってみた

今回用意したのは、9枚。ざっくり、たたみ半畳分です。

購入時は少し多めに用意したつもりだったのですが、結果的にはピッタリに。
カットして使う場合は、小さな部分であっても1枚分を使うつもりで少し多めに見積もっておくと良いかもしれません。

STEP2)隙間に合わせてカットしてみた

隙間に合わせてハサミでカットしていきます。うねに沿って切れば良いので簡単♪
薄手なので、普通のハサミで難なく切れました~。

STEP3)裏面のフィルムをはがしてマットを貼ってみた

まつは、椅子のキャスターが動く向きに合わせて、うねをタテ向きにして敷いてみました!

あえてうねの向きを交互にしたりしても可愛いかもしれません。

たたみの上はフィルムを残しておいたので、たたみに接着剤がつくこともありません♪

「吸着フロアマット」使用ビフォアフ公開★

Before

吸着マットを敷く前は、椅子のキャスターが動く度に板の間の音の響きと、たたみが擦れる気配に心がすり減っていました…。

After

キャスターのゴロゴロが気になる部分のみピンポイントでカバーできて、満足! 薄手なので、キャスターが引っかかることもなくスムーズです。

 

すみさんは、100均グッズでキッチンのプチモヤを解消していました~♪

>>目指せ!理想のキッチン♡100均グッズで5つの不満を解消

 

今回の商品は…

  • 吸着フロアマット 2色アソート 各 税込110円
2022年08月13日 / 実際に使ってみました
キーワード:, ,
ページトップに戻る