MENU
ちょっと作ってみました
2019年07月18日

デザイン無限大!トイレットペーパーの芯と100均の材料でお空のライトを作ろう♪【100均自由研究】

100円ショップFLET’S(フレッツ)・百圓領事館が運営する『100円のチカラ』レポーターの“すみ”です。

もうすぐ夏休みですね!
お出かけの予定は決まったけど、お家にいる日は何をしよう…と思っている方も多いのでは?

今日はそんな日も楽しく過ごせる夏休み工作をご紹介しますよー!

トイレットペーパーの芯と100均の材料でOK!

材料は、写真左上から時計回りに

  • ハートLEDキャンドルライト
  • おりがみ(24色 110枚入り)
  • 12色水彩えのぐ
  • メラミンスポンジミニキューブ(30個入)
  • 花づくり(5色×10枚の計50枚入)
  • 画筆
  • トイレットペーパーの芯
  • キリや目打ちなど(無い場合は画びょうで代用可能)

これらを使ってオリジナルライトを作っていきます!

色や形は自由!だから子供は楽しい♪

トイレットペーパーの芯に装飾をしていきます。

すみ家では夜空をイメージして、黒の折り紙をのりで芯に貼りました

余った分は折り込みます。

次に目打ちでたくさん大きさの違う穴を開けていきます。
この穴からLEDライトの光がもれて光ります
星座の形に穴を開けるのもいいかも♪

絵の具を使って絵を描いたり、スポンジでポンポン着色するのもオススメです♡

娘はスポンジでの作業がかなり楽しそうでした♪

クレヨンと絵の具で、夏の思い出を描いてみました。
夏祭りと花火を描きながら、楽しかった時間を振り返っています…。

こちらもこの後目打ちで穴を開けましょう。

トイレットペーパーの芯がないとき

今すぐ作りたいのに芯を集めておくのを忘れた!
そんな時は、100均に売っている厚紙で作りましょう♪

今回は厚さ0.5mmの厚紙を使いました。
大体横15cmほどで切ればキャンドルライトが入りますよ♪
端に両面テープを貼って筒状にします

キャンドルライトが入るのを確認したら、先程と同じように作っていきます。

こちらは形を変えてみました♪
目打ちで開ける穴の形も変えると面白いと思います!

「花づくり」は透け感のある薄い色紙なので、ちぎってから木工用ボンドで貼りました

ふわふわしていて可愛くなります♪

自分だけのライトができると嬉しい♡

完成したライトは超個性派ぞろい…!
短時間で簡単にできたので疲れることなく楽しめました♪
何より、子供と作りながら何を描くかで会話が弾んだのがとても良かったと思います。

ライトをつけると開けた穴からしっかり光が出ます
暗くなると絵柄はあまり見えないので、穴がたくさん開いていた方が綺麗に見えました

またライトの色によっても雰囲気が違ってくると思います。
今回のキャンドルライトは、赤に近い色でお洒落でした〜!

みなさんもぜひ夏休みに作ってみてくださいね♪

こちらの光る系工作もいかがでしょうか♡

>>100均のゼラチンで超簡単に!暗闇で光るグミを作るのが楽しい♪

 

今回の商品は…

  • ハートLEDキャンドルライト  税込108円
  • おりがみ(24色 110枚入り)   税込108円
  • 12色水彩えのぐ   税込108円
  • メラミンスポンジミニキューブ(30個入)   税込108円
  • 花づくり(5色×10枚の計50枚入)   税込108円
  • 水彩用画筆(平筆 5本セット)   税込108円
  • 画筆セット(平筆 3本入り)   税込108円
ページトップに戻る