MENU
ちょっと作ってみました
2019年11月21日

100均でアレンジ!雪だるまがひょっこりするミニボトルが可愛くできた♡

100円ショップFLET’S(フレッツ)・百圓領事館が運営する『100円のチカラ』レポーターの“すみ”です。

先日、FLET’S(フレッツ)でとても可愛いインテリアボトルを見つけました!
今回はそのボトルを、100均の材料でさらに可愛くアレンジしてみようと思います♪

材料は100均でOK!

アレンジするのはこちらのインテリアボトル(パルフェ バルーン)
バルーン型のキュートなボトルです!
お菓子やアクセサリーを入れるのにちょうどいい大きさです♪

写真左から

  • マッキー(極細 黒)
  • アクリルカラー 各色
  • 木部工作用 水性ニス

絵の具は水彩絵の具ではなく、必ずアクリル絵の具にしましょう。
アクリル絵の具は乾きが早く、乾燥後は耐水性となり紙・布・木・プラスチック等に描けるので工作には大変便利ですよ♡

油性ペンでひょっこり覗くペンギンを描く

カボチャのようなバルーン型なので、膨らんでいる部分を1つ飛ばしながら油性ペンでボトルの表面に絵を描いていきます。
オレンジの部分は、あとから水色の絵の具で塗りましょう。

ひょっこり覗いている感じで描くと可愛いですよ!

アクリル絵の具で色を塗る

絵が描けたら、アクリル絵の具で色を塗ります。
開封直後はこのように中蓋が付いています。

細かく塗るので、筆より爪楊枝の方が塗りやすかったです!

塗ったらしっかり乾かしましょう。

絵を描かずにあけておいた部分を水色で塗ります。

絵の具で油性ペンの線が塗りつぶされそうな細かい部分は、ボトルの内側から着色すると良いですよ〜!

蓋の外側も色を塗って…

絵の具が乾いたら、最後に水性ニスを塗ります♪

これで表面が保護されて剥げにくくなり、ツヤも出ますよ!


しっかり乾かしたら完成です♪

絵が苦手な人はシールや印刷でもOK!

ボトルに直接描くのはちょっと無理かも…という方はシールや印刷した物をカットして、接着剤でボトルに貼りましょう。

こちらの画像をB5サイズで印刷するとちょうどいいサイズになりますよ♪

ハサミでしっかりカットしてから裏に接着剤をつけて、ボトルの表面にペタッと貼ります。

なるべく紙が浮かないようにしっかり接着しましょう!
貼り終えたらボトルに色を塗ります。
こちらは雪だるまなので、白い絵の具を使いました♪

絵の具も乾いたら最後にニスを塗ります。
水分が多いと印刷物が滲んでしまうので、ニスはなるべく水で溶かさず使いましょう!


このニスで、貼った紙を閉じ込めるように、一層目がしっかり乾いた後で2〜3層重ねて塗ると剥がれることもないですよ。

ニスも完全に乾いたら完成です!
単純なアレンジですが、自分だけの可愛いインテリアボトルができると思います♪
みなさんもぜひ試してみてください☆

こちらはお部屋のあったら素敵な「バルーンブーケ」の作り方です♡

>>セレモニーシーズンに♪話題の「バルーンブーケ」を100均グッズで作ってみた

今回の商品は…

  • インテリアボトル(パルフェ バルーン)  各   税込110円
  • マッキー(極細 黒)   税込110円
  • アクリルカラー    各   税込110円
  • 木部工作用 水性ニス   税込110円
ページトップに戻る