MENU
ちょっと作ってみました
2021年09月23日

ハロウィンの夜に灯したい♪簡単手作り100均ガラス瓶ランプ

100円ショップFLET’S(フレッツ)・百圓領事館が運営する『100円のチカラ』レポーターの“すみ”です。

日本でもすっかりメジャーになった秋のハロウィン!
今年は100均のガラス瓶を使って、お部屋で眺めたい素敵なランプを作ってみました♪

※使用した商品は全て、2021年8月にFLET’S 大宮櫛引店にて購入いたしました。お取り扱いがない店舗や完売後の再入荷がない商品もありますが、何卒ご了承ください。

材料は100均で揃います♪

  • ミニガラス密閉ボトル(0.3L)

  • LEDキャンドルライト

ゆらゆら光がゆれるタイプなので、見ていて癒されます♪

※こちらの商品は、取り扱いを終了したため参考商品となります。恐れ入りますが、在庫完売後の入荷はございません。

  • ツインマーカー2本入り 太(黒黒)

油性のマーカーです。
2本も入っていてお得♪

  • マットトップコート

材料は以上です!
早速作ってみましたー!

15分で完成♪ハロウィンシルエットが可愛いキャニスターランプ

まず油性マーカーでガラス瓶の外側にハロウィンモチーフのシルエットを描きます。

「いきなり瓶に描くのはちょっと怖い」という人は、あらかじめ紙に下書きをしておき…(シルエットなので絵は適当でも大丈夫!)

その紙を丸めて瓶の中に入れます。

そしてガラスで透けた下書きを、瓶の外側からなぞればOK!

実はこれだけでも、中に「LEDキャンドルライト」を入れれば結構可愛いです!

でもちょっとガラスが透明すぎて光が強いので、ここからマニキュアを使ってガラスをぼやかしていきます。

「マットトップコート」をガラス瓶の外側に塗っていきます。

油性マーカーで描いたシルエットが滲んでしまうので、絵の部分は少し避けつつ塗ってください。
すみの場合、サッとひと塗りする分にはあまり滲まなかったですが、何回かブラシが当たると絵が消えてしまいました。

滲んでしまった部分は、マニキュアが乾いてから油性マーカーで修正できます♪

「マットトップコート」を塗ったことで、すりガラスのようにぼやけました。
ちょっとアンティークっぽさも出て、よりハロウィンらしくなったと思います♪

ランプはこれで完成です!
あとは瓶の中にLEDキャンドルライトを入れて…

点灯してみました!

なかなか素敵じゃないですか!?
魔女などのハロウィンシルエットが、優しい光で浮かび上がっています。

「マットトップコート」を塗って瓶の中が見えないおかげで、お月様のようなふんわりした灯りになっています。
写真だと伝わりませんが、中の光がゆらゆら揺れるのも素敵です。

このランプをリビングで眺めながら、夜はゆっくりコーヒーでも飲みたいな〜と思うすみなのでした。

大きめのガラス瓶には、ハロウィン小物を入れるのが可愛い!

  • カラー取手付ガラス瓶(1L)

大きめなガラス瓶だと、中に小物を入れられます♪

すみの家にあったフェイクグリーンとハロウィン用の小物を入れると…

素敵なハロウィンテラリウムに!

ガラス瓶の中に詰めただけですが、凄く可愛いです。
ライトが灯ればもっといいのに…!と思いましたが、残念ながらLEDキャンドルライトを入れるスペースがありません。

そこで、瓶の蓋の裏とLEDキャンドルライトの裏に磁石を貼りました!
今回は家にあったものを使いましたが、磁石は100均でも手に入りますよ♪

これでライトを磁石で蓋の裏にくっ付けられます♪

そしてそのままガラス瓶の蓋を閉めて…

上からライトがあたるハロウィンのガラス瓶ランプができました♪

こちらも、ずっと眺めていたくなるハロウィンランプですねー!

お部屋が素敵な雰囲気に包まれます♡

皆さんも今年は、100均のガラス瓶で手作りのハロウィンランプを楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

100均のウッドボックスもハロウィンと相性抜群です♪

>>ハロウィンでも使える!100均ウッドボックスで叶えるアンティーク風ディスプレイ♪

 

今回の商品は…

  • ミニガラス密閉ボトル(0.3L)    税込110円
  • ツインマーカー2本入り 太(黒黒)    税込110円
  • TMマットトップコートK    税込110円
  • カラー取手付ガラス瓶(1L)    税込110円
ページトップに戻る