MENU
ちょっと作ってみました
2021年12月25日

新しい1年に♪100均プラ板で書初め風キーホルダーを作ってみた!

100円ショップFLET’S(フレッツ)・百圓領事館が運営する『100円のチカラ』レポーターの“すみ”です。

もうすぐ新しい一年の始まりですね。
新年の抱負を書き初めするのもいいですが、バッグにつけられる「書き初め風キーホルダー」を作ってみるのも楽しいかも!?

材料は100均で揃います♪

  • プラバン 透明タイプ
    サイズ:B4(約257×364mm)

写真左から

  • 油性マーカー ハイマッキー(黒)
  • 油性マーカー マッキー極細(黒)

使うのはどちらでも大丈夫ですが、両方あると「細かい部分が書ける極細」と「塗りつぶすのに便利な太書き」が揃うので便利でした。

  • ペーパーパンチ(2穴用)
    コピー用紙約10枚穴あけ可能

プラ板にキーホルダーを通す穴を開ける時に使います。

  • キーホルダーパーツ チェーン&カニカン付き(3P)

キーホルダーパーツは色や形がたくさんあるのですが、簡単に付けたいならこちらがおすすめ。
プラ板に付ける部分がカニカンパーツになっているので、工具を使わず楽に取り付けられます♪

  • キーホルダーパーツ カニカン 回転軸付き(4P)

こちらはちょっと高見えなキーホルダーパーツ!
色がとても綺麗です♪

カニカンパーツはバッグやポーチにつける部分にあります。

この他、家にあったアルミホイルクッキングシートを使いました。

作ってみた!書き初め風のおもしろキーホルダー♪

今回使ったプラ板は、加熱すると1/3に縮むので…

完成時の約3倍の大きさで下書きをします♪

今回は写真左側にあるように、約横7.5cm×縦9cmで作ります。
形はちょっと半紙っぽくヒラッとさせました〜!

この大きさで作って加熱すると、写真右の約横2.5cm×縦3cmに縮んで完成します♪

次に、書き初めの字を書きます。

透明なプラ板なので、下にお手本を敷いてマーカーでなぞると上手くかけました♪

黒マーカーでしっかり塗ります。

文字が書けたら、プラ板をハサミでカットします。
そしてキーホルダーを通す穴を「ペーパーパンチ」で開けます。

いよいよプラ板を加熱!

プラ板はパッケージの使い方・注意事項をよく読んでから加熱してください♪
特に、お子さんが作る場合は、必ず大人が一緒に付いていてくださいね。

アルミホイルの上に先ほどのプラ板をのせ、オーブントースターで加熱します。

加熱時間の目安は以下の通りです。

600W:約80秒
800W:約55秒
1000W:約45秒

あくまで目安ですが、加熱するとプラ板はギュ〜っと縮み始めます。
クシャクシャになる感じで縮み始めるので、初めて見た人は焦るかもしれませんが…大丈夫です!
その後少しづつ、クシャクシャが解けてある程度真っ直ぐになって、縮むのが終わります。

縮み終わったら、お箸やトングでさっと取り出し…

クッキングシートに挟み、辞書などの重い本で上から押さえます。

プラ板が冷めたら、キーホルダーパーツを取り付けて完成です!

小さくて可愛い〜!

思ったよりもしっかり書き初め感がある…!
新年の抱負をみんなで書いて作ると、盛り上がって楽しかったです♪

ポーチやバッグにつけると、話の種になって面白いんじゃないでしょうか〜!
興味が湧いた方はぜひお正月に作ってみてください♪

 

100均フェルトでお正月ブローチも作れます♡

>>初詣につけていこう!100均フェルトで作るお正月ブローチ

 

今回の商品は…

  • プラバン 透明タイプ      税込110円
  • 油性マーカー     各    税込110円
  • ペーパーパンチ(2穴用)    税込110円
  • キーホルダーパーツ     各      税込110円
ページトップに戻る