MENU
集めてみました
2020年04月06日

レジ袋の有料化が目前のいま、改めて「100均のビニール袋」に注目してみた

100円ショップFLET’S(フレッツ)・百圓領事館が運営する『100円のチカラ』レポーターの“はっしー”です。

すでに実施しているスーパーなどもありますが、2020年7月から、全国の小売店にレジ袋の有料化が義務付けられます。
というわけで、今後、お買い物やゴミ袋として、需要が高まりそうな「100均のビニール袋」を大特集

容量別に揃えておきたい!「100均のビニール製手さげ付き袋」

(写真左から)「10リットル/30枚」「20リットル/20枚」「45リットル/10枚」
容量別に選ぶことができる半透明の「100均のビニール製手さげ付き袋」

パッケージだけみても、イマイチ大きさがわからないということで
それぞれの大きさを検証してみました!

【10リットル≪厚さ0.013mm×(ヨコ21cm+マチ13cm)×タテ46cm≫】

身近なもので大きさを比較したい!というわけで… 牛乳パックを入れてみました。
ちょっとしたお買い物ならば、コレでOKですね。

【20リットル≪厚さ0.013mm×(ヨコ35cm×マチ15cm)×タテ60cm≫】

2、3日分のお買い物分が入る、といった感じでしょうか?

【45リットル≪厚さ0.015mm×(ヨコ40cm+マチ25cm)×80cm≫】

これはかなり大きい!一人で持つのが厳しいレベルになるかもしれないぐらい、たくさん入りそうです。

手ざわりがツルツルで開きやすい!「100均の透明ポリ袋」

「透明ゴミ袋」は、写真左から

・「20リットル/20枚」≪厚さ0.015mm×タテ60cm×ヨコ50cm≫
「45リットル/10枚」≪厚さ0.018mm×タテ80cm×ヨコ65cm≫
「70リットル/10枚」≪厚さ0.018mm×タテ90cm×ヨコ80cm≫

このシリーズは、“ビニール袋あるある”といえる「入れ口がくっついて開きづらい」になりにくい“手ざわりツルツル”仕様なのです。
はっしーの個人的な感想としては、普通のビニール袋よりも少しハリがあるように感じました。

黒色、半透明タイプの「100均ゴミ袋」もありますよ~!

中身を気にしてしまう…という場合にぴったりな「黒色のゴミ袋70リットル/7枚」≪厚さ:0.02mm/タテ:90cm×ヨコ80cm≫。
開いて、中に手を入れてみましたが、黒色に加えて、厚みもあり“透ける心配はなし”です。

「半透明タイプのゴミ袋90リットル/7枚」≪厚さ:0.02mm/タテ100cm×ヨコ90cm≫。
こちらは、今回紹介するビニール袋中で一番大きいサイズです。
半透明の具合は、上の写真でご確認を!

お掃除を張り切る!?姿がかわいい“エコピカちゃん”が目印
FLET’Sオリジナル商品の「半透明ポリ袋」。

「手さげ付き袋」(写真左側2つ)はすでに紹介済みですが、
ゴミ袋として大活躍しそうな「半透明ポリ袋」(写真右側2つ)の「70リットル/10枚」≪厚さ0.015mm×ヨコ90cm×タテ80cm≫と「45リットル/20枚」≪厚さ0.013mm×タテ80cm×ヨコ65cm≫も常備しておきたいですね。

「購入時の参考に!」それぞれの大きさを比べてみた!

ゴミ袋の容量が「90リットル」とか、「70リットル」とか、って言われても、「イマイチ大きさがわからない」ですよね…

そのご意見、はっしーもわかります。
というわけで、またまた牛乳パックに登場してもらい、それぞれの大きさを比較してみました。(※わかりやすいように、画像に赤い線を引きました)

手前から順に
・20リットル ≪タテ60cm×ヨコ50cm≫
・45リットル ≪タテ80cm×ヨコ65cm≫
・70リットル(黒色)≪タテ:90cm×ヨコ80cm≫
・90リットル≪タテ100cm×ヨコ90cm≫

購入時の参考にしていただけたら、うれしいです!

「100均のゴミ袋」で断捨離を!その前のお掃除も「100均グッズで」

>>「掃除」の記事一覧

今回の商品は…

  • 「半透明ポリ袋」エコピカちゃんシリーズ 各税込110円
  • 手さげ付き袋 45リットル 税込110円
  • 透明ポリ袋 シリーズ 各税込110円
  • 黒色ゴミ袋 70リットル 税込110円
  • ゴミ袋 半透明タイプ 90リットル 税込110円
ページトップに戻る