MENU
集めてみました
2021年03月20日

新学期の準備は100均で♡用途別に使い分けたい!?「のり」編

100円ショップFLET’S(フレッツ)・百圓領事館が運営する『100円のチカラ』レポーターの“はっしー”です。

新しい文房具を買い揃える機会が増える新学期や新年度が、間もなくやってきます。
そこで、文房具の中でも需要の高い100均の「のり」を2回に分けてご紹介! 第2弾は“用途別に使い分けたい!?のり”を集めてみました。

「スティックのり」は用途別に使い分ける時代!?

上の写真は1つ1つ特長が違う「スティックのり」。もちろん、ぜーんぶ100円です。

写真左から

  • プリット <特長:強粘着。植物由来成分使用で環境に配慮&安心。容器も再生樹脂を使用>
  • パワープリット <特長:速乾・強力・多用途。紙+異素材(発泡スチロール・革・木・アクリル・金属など)向き>
  • ピット・シワなし <特長:のりを塗った紙にシワが出にくい>
  • ピット・消えいろ <特長:ブルーののり色で確認しながら塗れるので、はみ出しによる汚れ、塗り残しによる剥がれが少ない。乾くと色は消える>
  • ピット・ハイパワー <特長:速く、強力な接着で、一般紙から厚紙まで幅広く使える>
  • ピット・アロマ ローズの香り <特長:ほのかに香るエレガントなローズの香り>

好奇心で“強い粘着力”を謳う3本を並べてみると…。のりの色がそれぞれ微妙に違いました。

「ピット・消えいろ」を使ってみました。おぉ!確かにのりを塗った部分が青くなりわかりやすいです。

「テープのり」も用途別に使い分けましょう♪

しっかり貼れる「テープのり/強粘着糊」(写真左)と、キレイにはがせる「テープのり/はがせる糊」(写真右)。いずれも、写真や紙の変色を防ぐフォトセーフタイプ

「テープのり/強粘着糊」は、パッケージによると“しっかり貼れるため封筒トジや工作におすすめ!”だとか。
さらに、テープのりだと乾くのを待たなくて良いため、閉じた封筒をすぐに投函できました。

「テープのり/はがせる糊」は、パッケージによると“ノートや伝票の整理におすすめ!” さらに貼り直しが可能ということで、一度、のりづけした部分を剥がしてみると…。キレイに剥がすことができました。

たっぷり使える「テープのり」。「フラットタイプ」は長さ12mでしっかり貼りたいとき向き(写真左)。「メッシュタイプ」は長さ10mでシワなくキレイに貼りたいとき向き(写真右)。

写真左は「テープのり/メッシュタイプ」(テープにドットのようにのりが付いている)で、写真右は「テープのり/フラットタイプ」(テープ全体にのりが付いている)。テープに付いたのりの形が異なり、それぞれの特長が生かされた仕上がりになるというわけです。

2回にわたり紹介した100均の「のり」。お気に入りを見つけて、新学期や新年度が始まる前に新調してみませんか?

 

100均の「のり」特集の第1弾はこちら

>>新学期の準備は100均で♡お得&定番な「のり」編

 

今回の商品は…

  • プリット 税込110円
  • パワープリット 税込110円
  • ピット・シワなし 税込110円
  • ピット・消えいろ 税込110円
  • ピット・ハイパワー 税込110円
  • ピット・アロマ ローズの香り 税込110円
  • テープのり/強粘着糊 税込110円
  • テープのり/はがせる糊 税込110円
  • テープのり/メッシュタイプ 税込110円
  • テープのり/フラットタイプ 税込110円
ページトップに戻る